VME 64x用コネクタ har-bus® 64

VME 64xコネクタシリーズhar-bus® 64は、DIN 41612規格の3列96ピンCタイプコネクタを拡張したものです。追加された2列により、最大160コンタクトを必要とするアプリケーションに対応できます。

 

特長
  • IEC 61 076-4-113準拠
  • コンタクトピッチ:2.54mm
  • ピン配列:5列最大160ピン
VMEbus logo


 

har-bus® 64のメリット

外側列にあるユーザ定義のコンタクトピンは、追加のI/O用など特定の用途に使用できます。またシールドのように配列されているためリターンパスが大きく確保でき、320Mbyte/sまでのデータ転送が可能です。

独自仕様のバスシステムにおいても、この両列のコンタクトを利用して、信号/GND比を最適化し、システムスピードを向上させることができます。

 

カード挿入時のグリッチを防止

カードをバックプレーンに挿入した際、他のコンタクトよりも1.5mm長いリーディングコンタクトがまず送受信ロジックを読み込むため、グリッチ(信号の揺らぎ)がありません。

専用工具は不要

バックプレーン用コネクタはプレスフィットタイプです。フラットロックダイ(平押しブロック)を使用して簡単に取付けできます。

精密に加工されたコンタクト先端

部分金メッキが施されたコンタクト先端は精密にプレス加工されておりリア側接触部として機能します。

スイッチ付きhar-bus® 64のメリット

  • バックプレーン自体に能動部品の搭載が不要
  • スイッチング機構がコネクタに内蔵されているので追加のスペースが不要
  • ジャンパピンが不要
  • メンテナンスおよび修理が簡単
  • ドータカードの挿抜だけでオートデイジーチェーン
  • 高いMTBF(平均故障間隔)バリュー
  • マニュアルでのブリッジ追加が不要
  • 特別な工具が不要で低アセンブリコスト

 

 

関連リンク

製品リスト