光コネクタ技術 - 概要

テレコミュニケーション分野におけるメッセージのリモート接続アプリケーションに加えて、光ファイバ技術の重要性は、産業部門でのアプリケーションにおいても増加しています。

通信分野での側面として

  • 高い伝送容量
  • 低いケーブル減衰
  • クロストークがない

がアプリケーションのために不可欠です。

産業部門においての追加の固有プロパティは

  • 電磁波の影響に対する耐性
  • 送信機と受信機のガルバニック絶縁
  • 小さいケーブル径

などとなります。

メッセージは、光ファイバを介して光パルスとして送信されます。
ファイバの一端に結合した後、パルスは低損失でもう一端に全反射の結果として転送されます。これは、光屈折率コアとシース材(n シース<n コア)のn個の異なる値に起因する境界層コア/シースで全反射することが可能となります。

光屈折率パス

光コネクタ技術

 

ハーティングは、IP67ワンタッチコネクタPushPullや産業用コネクタHan®シリーズで高い防塵防水性を備えた光接続を提供しています。

関連リンク

IP67小型ワンタッチコネクタPushPull

産業用コネクタHan®