tec.News - Edition 17

tec.News - Edition 17

Philip Harting

3和音は調和からクレッシェンドへ

互いを思いやるシステムソリューションと学びを惜しまない企業とのコンビネーションが、未来の鍵を握る

大編成の交響楽団では個々の楽器が互いに調和しなければなりません。それと同じように、ハーティングテクノロジーグループ各社も調和を保っています。成果をあげてこれを持続させる(ハーティングの場合、世界全体で成果をあげる)だけの働きを示すためには、組織が常に学習を続けていくことが求められます。

ダウンロード

タイトル フォーマット サイズ  
tec.News - Edition 17

PDF  7,29 MB ダウンロード